漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」31話のネタバレ考察と感想|小春は連次郎から「好き」の意味を教わり…

ゾンビッチはビッチに含まれますか

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第31話のネタバレ解説。小春はナユタの告白に返事をするため、連次郎に恋愛相談する。連次郎は妄想を膨らませながらも、小春に「好き」の意味を伝える。

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第31話「小春、ゾンビッチのことを考える」のネタバレ

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」の概要

二階堂紗季菜は帝東亜高校の1年生で、幼馴染で同じ高校に通学する初野小春に片思いをしている。紗季菜は小春とエ◯チをしたかったが、そんなことは言えずにいた。ある日、紗季菜はトラックにはねられ轢死したが、停止していた心臓が再鼓動し、ゾンビとして生き返った。

前回 第30話のおさらい

・勇気ある誘い
・ナユタの特技
・先生の評価
・不思議な感覚

前回のネタバレはこちら

漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」30話のネタバレ考察と感想|書道デート中、ナユタは小春を墨まみれに…
「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第30話のネタバレ解説。ナユタは小春を書道デートに誘う。彼女は自分の良さを見せようと意気込むが、ハプニングで小春を墨まみれにしてしまう… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あ...

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第31話のネタバレ

連次郎、小春に嫉妬する!?

ナユタに告白された同日、小春は部屋で彼女の言葉を思い巡らしている。返事を明日に控えた彼は、思いあぐねて連次郎に相談する。

「天王寺に告白されただとー!?」連次郎はサキナも小春のことが好きなのを知っていた。

「世紀末モテ男かお前は!」連次郎はモテ男が自分に何の用か尋ねる。

「それなんだけど…好き…ってなんだろう…」連次郎は気味悪がるが、小春は真面目に問いかけていた。

小春はナユタのことは好きだが、それは連次郎らと同列だと言う。

「恋愛的な好きってどーいう感じなのかなって…」

これまで、小春には浮いた話が一切無かった。連次郎は、小春が女性に興味がないのかと訝った。

「天王寺は…なんで俺を好きになったんだろう…何か芸があるわけでもないのに…」

小春のBL疑惑

(ゲイがある…!?)連次郎は、一瞬身構える。

小春は恋愛的な好きの感じが分からないので、連次郎に教えてほしかった。

それは、連次郎が相談しやすい相手であり、どんな話でも「受けて立つ」からだ。

(ウケてタつ!?)連次郎の脳内にBLのシーンが浮かぶ。とは言え、小春は連次郎の恋愛遍歴を「根掘り葉掘り」聞ききたいわけではない。

(根掘り葉掘り!?)連次郎は、BL関連を連想させるワードがやたらに多いと感じた。

そのため彼は小春に対し、自分に好意があるのかと疑った。

だが(いや、そんなハズ無いか・・・)と思い直す。

また、ゾンビッチでない彼は過剰な妄想を持続させることは無かった。

「まあ…俺もそんなに恋愛経験が多いわけではないが…」恋愛経験ゼロの連次郎が見栄を張る。

そして、相手のために何かしたいと自然に思うことが愛だと言う。

「な…なるほど…ありがとな」

交錯するそれぞれの思惑

翌日、小春は連次郎の言葉を思い浮かべながら、学校に向かっている。

すると目の前にサキナが歩いていた。二人はいつものように軽く挨拶を交わす。

(昨日のアレ、落ち着いて考えれば即フ◯ラはあり得ないと思ったけど・・・)サキナは、ナユタの告白の返事が気になっていた。

但し、ナユタの告白を盗み聞きしていたことは言えるはずもない。

そもそも、告白の返事は小春が決めることであり、サキナが問いただせるものでもなかった。

「どうした?なんか元気無くない?」小春は心配する。

「い、いや別に普通よ」二人の間に沈黙が流れる。

(いや、やっぱり明らかにテンション低いな・・・サキナもなんか悩みごとかな?)

ようやく辿り着いた恋心

小春は、子供の頃にサキナを助けていたのを思い出す。それが、いつのまにか彼女の世話になりっぱなしになっていた。

紅葉狩りの後も、様子がおかしいと感じつつも何もできなかったのを思い出す。

(力になれるなら、なりたいのに・・・あれ?)

小春の脳裏に連次郎の言葉が甦った。

思い返せば彼女が連れ去られた時、小春は無我夢中で止めようとしていた。

(そっか俺、たぶん・・・ずっと好きなんだ・・・サキナが)

彼はスマホを取り出して、ナユタに「返事、放課後に屋上で伝えます」とメッセージを送るのだった。

32話へと続く

32話のネタバレはこちら

準備中

31話の感想・考察

恋愛感情の意識

小春はナユタに告白されたものの、どう応えれば良いのか思いあぐねています。それは彼の人生で、誰かを本気で好きになったことが無いからです。

少なくとも、自分の恋愛感情を意識していなかったと言えます。そこで小春は、恋愛経験豊富そうな連次郎に相談しました。

連次郎はサキナの気持ちも知っており、相当小春を羨ましがっていますね。

小春の誠実さ

高校生にもなって、小春は「好き」の意味を尋ねています。確かに、「好き」になった相手がいなければ、「好き」の意味は分からないものです。

彼はナユタから言われた「好き」の真意を知りたいと思ったのでしょうね。それが分からなければ、真摯に応えることができないからです。

その点でも彼の誠実な性格が現れています。そういうところが女心をくすぐるのかもしれませんね。

恋愛感情の呼び覚まし

それにしても、連次郎はサキナに劣らず妄想癖があるのですね。但しゾンビッチでないため、妄想力は持続しません。

尤もサキナ並みに妄想していては、身体がもたないでしょう。一方、サキナも前日の妄想が過剰だったと思っています。

それでも、ナユタの告白は現実であり、サキナにとって一大事です。

そして、結果的に彼女の元気の無さが小春の恋愛感情を呼び覚ましました。世の中、何が幸いするか分かりませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました