漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」30話のネタバレ考察と感想|書道デート中、ナユタは小春を墨まみれに…

ゾンビッチはビッチに含まれますか

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第30話のネタバレ解説。ナユタは小春を書道デートに誘う。彼女は自分の良さを見せようと意気込むが、ハプニングで小春を墨まみれにしてしまう…

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第30話「ゾンビッチ、やっぱり見間違える」のネタバレ

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」の概要

二階堂紗季菜は帝東亜高校の1年生で、幼馴染で同じ高校に通学する初野小春に片思いをしている。紗季菜は小春とエ◯チをしたかったが、そんなことは言えずにいた。ある日、紗季菜はトラックにはねられ轢死したが、停止していた心臓が再鼓動し、ゾンビとして生き返った。

前回 第29話のおさらい

・はじめてのエステ
・積極的なナユタ
・二人の子供時代
・男性が苦手な理由

前回のネタバレはこちら

漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」29話のネタバレ考察と感想|サキナは小春を好きなった経緯を話し始め…
「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第29話のネタバレ解説。サキナは夕陽に誘われ、ナユタと共にエステに行く。そこで彼女は小春との付き合いを尋ねられ、彼を好きになった経緯を話し始め… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があり...

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第30話のネタバレ

勇気ある誘い

「あ、あの初野さん…ちょっと良いでしょうか?」ナユタが学校で声を掛ける。

「天王寺、どうしたの?」ナユタは、次の日曜日に小春をデートに誘った。

彼女の積極的アピール作戦は功を奏し、二人は彼女の馴染みの書道教室に来ている。

そこは、一般人でも参加できる体験教室が開かれていた。デートっぽくはないが、二人きりのお出かけには間違いない。

ナユタは、最低限の自分の好意は伝わっていると思った。しかし、それは彼女の独りよがりだった。

「あらなゆちゃん、よく来たね〰」教室の平塚先生が暖かく出迎える。

ナユタは中学校まで、その先生に教わっていたと言う。

平塚先生は微笑みながら「いつの間に男作ってたんだい?」と小声で尋ねた。

「ま…まだ付き合ってませんから!」ナユタは必死になって否定する。

ナユタの特技

小春は、小学生時代によく書き初めで選手に選ばれていたと話す。

「まー多分、字が元気っていう一点のみの評価だと思うんだけどね」

彼は、ナユタに正統派の上手なイメージがあると続けた。彼女は謙遜しながらも、書道には自信があった。

(良いところを見てもらって…初野さんに良い印象を…!)

サキナと小春の付き合いの長さに対抗するには、一回一回で濃い時間を過ごす必要があった。

(いざ…!)筆を墨につけたとき、「お、おい天王寺…」小春が呼び止める。

ナユタは夢中で墨を擦りすぎてしまい、ほぼ固体のようになっていた。

「この墨汁使う?」

「い、いえ」

小春に良い印象を持ってもらいたいのに、イキナリ助けてもらうわけにはいかなかった。

先生の評価

ナユタは水入りのスポイトがあるのに気づき、それで水を足そうとする。

その時、彼女の足がつってしまい、ナユタは拳でスポイトを叩く。すると蓋が飛んで、小春の硯を直撃した。

結果、彼の顔も服も墨まみれになる。

「おわぁー!?ごごごごめんなさい!」

「あー大丈夫、大ジョブ!」

ナユタは小春の顔を拭きながら、自分の不甲斐なさを責めた。ふと平塚先生に目を遣ると、先生は親指を立てて微笑んでいた。

(ち、違います!わざとじゃないですから!)ナユタは心のなかで弁解した。

彼女は書き上げた作品を添削してもらいに行く。

(せっかく初野さんをデートに誘ったのに…ドジばかり…)

落ち込むナユタに対し先生は「良い字を書くようになったねぇ」と評価した。

不思議な感覚

以前のナユタの字は手本のようにキレイで、言うなれば大人しい字だと言う。

「今日の字には勢いがある…活き活きとしていて自由な字を書くようになったね」

そこには心境の変化が現れていた。平塚先生は、怖がらずにやりたいように筆を走らせるようにアドバイスした。

「ひとつ添削するとすれば…」

先生は半紙の上に「告っちゃいなよ」と走り書きした。

帰りの電車の中、小春は「やー今日は楽しかったよ」と話す。

「で、でも墨汁かけてしまって…すいませんでした…」ナユタは引きずっていた。

「あー気にしないで良いって!」車内には二人しかおらず、小春は缶コーヒーを差し出す。

(…不思議…)ナユタは胸があたたかくなるのを感じるのだった。

31話へと続く

31話のネタバレはこちら

準備中

30話の感想・考察

情熱的な女子

ナユタが小春をデートに誘いました。引っ込み思案な彼女が、此処まで積極的になるなんて驚きです。

それも、サキナというライバルがいるからでしょうね。サキナに対抗するには、積極的にアプローチするしかないわけです。

元々ナユタは情熱的な女子で、祖父の教育によって謙虚になっていたとも思われます。

自信のある姿

平塚先生も良いキャラクターでしたね。明け透けに尋ねるところは、人間味を感じさせます。

そんな書道教室であれば、楽しんで通えたことでしょう。良い先生の指導を受ければ、書道の腕も上達するものです。

実際、ナユタは書道が特技となっていました。自信があるからこそ、自分の一番良い姿を小春に見せられると思ったのでしょうね。

小春の優しさ

人間は過信の時、思わぬ失敗をしでかすのでしょう。ナユタも気負い過ぎたため、墨を擦りすぎてしまいました。

そして、悪いことは重なるもので、墨で小春の顔や服を汚してしまいます。その時点で、ナユタは「終わった」と思ったことでしょう。

但し、小春の優しい言葉に救われます。それは、彼女を包み込むような優しさだったのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました