漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」29話のネタバレ考察と感想|サキナは小春を好きなった経緯を話し始め…

ゾンビッチはビッチに含まれますか

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第29話のネタバレ解説。サキナは夕陽に誘われ、ナユタと共にエステに行く。そこで彼女は小春との付き合いを尋ねられ、彼を好きになった経緯を話し始め…

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第29話「ゾンビッチ、気持ち良すぎておクチが緩んじゃうゥ〜〜。」のネタバレ

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」の概要

二階堂紗季菜は帝東亜高校の1年生で、幼馴染で同じ高校に通学する初野小春に片思いをしている。紗季菜は小春とエ◯チをしたかったが、そんなことは言えずにいた。ある日、紗季菜はトラックにはねられ轢死したが、停止していた心臓が再鼓動し、ゾンビとして生き返った。

前回 第28話のおさらい

・ボーリングの経験
・アヘゲージ
・ナユタの胸騒ぎ
・ライバル宣言

前回のネタバレはこちら

漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」28話のネタバレ考察と感想|ボウリング大会で、サキナの妄想が爆発し…
「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第28話のネタバレ解説。ナユタの親睦会を兼ね、ボウリング大会が開かれる。そこでもサキナの妄想が爆発し、次々にエロいイメージが湧き上がる… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あ...

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第29話のネタバレ

はじめてのエステ

サキナは、クラスメートの夕陽からエステに誘われる。夕陽の父親の友人が、学校の近くに店をオープンしたと言う。

「では放課後、ナユタちゃんと3人で行きましょう」サキナはドキッとした。

ナユタとはライバル宣言以降、関係性がギクシャクしていたからだ。

それでも、夕陽が一緒であれば関係改善の機会になると思えた。

「ええ楽しみだわ」

積極的なナユタ

場面は進み、サキナとナユタは同じ部屋で横になっている。ナユタと二人きりになり、サキナは何を話せばいいのか戸惑っていた。

しかも心臓がかなり弱っており、早急にH分を補給する必要があった。

「性的に興奮するようなマッサージは無いだろうし…まいったわね…」

その時、「あの…サキナさん?」ナユタから声をかけられる。

ナユタはサキナに、小春との友達付き合いの長さを尋ねた。サキナは積極的なナユタを意外に思い、恋の力の強さを感じた。

それでも、正々堂々とした彼女の姿に、サキナは清々しさを覚える。

二人の子供時代

「小春とは幼稚園から一緒だったわ…」

サキナと小春は家も近所だったので、小さい頃からよく遊んでいた。

「で、どんなところが好きになったんですか?」

サキナは、グイグイ来るナユタに押され気味になる。サキナは小学校の頃、よく男子たちにからかわれていた。

彼女が変なあだ名を付けられかけた時、小春が現れて庇ったことがある。それをきっかけにみんなが仲良くなったと言う。

サキナは昔話をしながら、H分の補給方法を考えていた。そこで彼女は、ナユタにおしとやかな理由を尋ねる。

「祖父の家は老舗の旅館だったんですが…」

その時サキナの脳内に、老舗の娼館が浮かんだ。

そして「老舗となると一泊二食ならぬ、一発二尺でも良いお値段がするのかしら…!」と声に出る。

彼女は咄嗟に口を押え、「ちょっと嚙んじゃったのよ!」と弁解した。

男性が苦手な理由

祖父は将来ナユタを女将にしようと、「品位を持って自分より相手を立てるように…」と育てている。

(淫技を持って相手を勃てるように育てられたのね!)

その上、祖父から教育されるイメージが浮かび、マニアック過ぎるシチュエーションにサキナは興奮する。

「なるほど…撫子ならぬ撫でシコの教育を…」再びサキナは口を押えた。

また、祖父はナユタを特別扱いし、得意客の接客に同席させていた。男性の得意客もナユタを争うように可愛がったと言う。

そして、それが男性が苦手になった理由だと彼女は思っている。サキナの脳裏には、客にベロベロされるナユタの姿が浮かぶ。

「…でも、それなのにどうして小春を好きになったの?」

ナユタにも、何故小春なら大丈夫なのか分からなかった。

「寝ても覚めても初野さんの顔が浮かんで…何も手につかなくなることがあって…」

(寝てもハメても顔が浮かんで、ナニも手に付かなくなる、ですってー!)サキナの興奮度は最高潮に達した。

エステが終わり、サキナとナユタが一緒に帰る。

「さ、サキナさん…エステ中にその…Hなコト言ってませんでした?」おもむろにナユタが尋ねる。

(き、気付かれてたぁー)サキナはしどろもどろになるのであった。

30話へと続く

30話のネタバレはこちら

準備中

29話の感想・考察

二人の相性

サキナは夕陽にエステに誘われます。ナユタとはギクシャクした関係になっており、この機会に改善できれば良いですね。

それでも二人きりになって、会話のキッカケがつかめません。その上、H分補給のタイミングになっています。

そんな時に、積極的にナユタから話しかけられました。その意味では、二人の相性は良いのかもしれませんね。

恋敵の応援

ナユタが恋に積極的なのは、サキナにさんざん後押しされたからでしょう。その時は、サキナはまさか小春がナユタの好きな相手とは知りませんでした。

それでも、自分が後押ししたからには、ナユタを無下には扱えません。それ故、彼女の質問にも正直に答えています。

それにしても、恋敵を応援するのは複雑な心境ですね。

声に漏れる興奮

今回のエロ妄想は「老舗旅館」です。サキナはそれを「老舗娼館」に変換し、イメージをどんどん膨らませます。

実際はナユタの良き祖父も、とんだサドジジイになってしまいましたね。エステの気持ち良さもあって、サキナは興奮して声に漏らしました。

そんなイメージをナユタに知られたら、ドン引きされるのは必至ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました