漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」28話のネタバレ考察と感想|ボウリング大会で、サキナの妄想が爆発し…

ゾンビッチはビッチに含まれますか

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第28話のネタバレ解説。ナユタの親睦会を兼ね、ボウリング大会が開かれる。そこでもサキナの妄想が爆発し、次々にエロいイメージが湧き上がる…

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第28話「助平妄想の中で「がんばって」と言ってしまったら…」のネタバレ

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」の概要

二階堂紗季菜は帝東亜高校の1年生で、幼馴染で同じ高校に通学する初野小春に片思いをしている。紗季菜は小春とエ◯チをしたかったが、そんなことは言えずにいた。ある日、紗季菜はトラックにはねられ轢死したが、停止していた心臓が再鼓動し、ゾンビとして生き返った。

前回 第27話のおさらい

・入間の情報
・ナユタの悩み
・サキナのアドバイス
・興奮するサキナ

前回のネタバレはこちら

漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」27話のネタバレ考察と感想|サキナはナユタの恋愛相談に乗りながら…
「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第27話のネタバレ解説。サキナは入間から、人間に戻るにはパコる相手の気持ちが大事と聞かされる。彼女は小春の事を想いつつ、ナユタの恋愛相談に乗り… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があり...

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第28話のネタバレ

ボーリングの経験

乃神連次郎主催のボーリング大会が開かれている。この日サキナらは、ナユタの親睦会も兼ねボウリングに来ていた。

大会といっても勝負するわけではなく、各自気楽に楽しむことになる。

(ゲームが始まる前にH分補給しておきたいところだけど…)サキナは辺りを見回す。

彼女はナユタがいれば自然に妄想できてしまうので、最近は焦らなくなっていた。

「あの…サキナさん」

(そらきたっ)

ナユタはボウリングの経験があまり無く、上手くピンを倒せるか自信がないと言う。

(棒穴‟ボーリング‟の経験が少なくて、棒を‟満足させて‟倒す自信が無いのね!)

例のごとく、先なの脳内で妄想を完結させれば、誰にも迷惑をかけずに興奮できた。

アヘゲージ

「要はタマと棒で遊ぶだけなんだから!」難しく考えないようアドバイスする。

そこに連次郎がやってきて、ナユタの指導を買って出る。

「下半身は腰を気持ち低く…手だけでフィニッシュするのではなく…」連次郎の指導は先なの妄想を掻き立てる。

それは、エロオヤジに調教される新人嬢のイメージだった。

「よーし良いフィニッシュだ!なかなか才能あるぞ!」

ナユタは、連次郎に褒められて喜びながら、「おかげてアベレージ上がりそうです」とサキナに報告した。

(アヘゲージが上がるくらいなんですもの!そうとう悦かったのねぇ!)サキナの心拍数も上がる。

「やっぱ皆さんでやると楽しいですね」

(皆でやる‟乱交‟と楽しい!)

ナユタの「乱交楽しい」という発言だけでも相当エロいが、他の友人が上手く乗ることでさらにエロくなった。

それによりサキナの妄想がはかどり、興奮度は最高潮に達する。

ナユタの胸騒ぎ

同時に、彼女はボウリングでもストライクを連発した。そこに小春が近寄り、「すげーなーサキナ!」とハンドタッチする。

サキナは入間の言葉を思い出しながら、積極性の足りなさを感じた。一方、ナユタはサキナの小春に対する態度を見て、ちょっとした胸騒ぎを覚える。

そこで彼女は連次郎に、サキナと小春の付き合いの長さを尋ねた。

「確か奴らは…幼稚園から一緒だったはずだぞ」

それを聞いたナユタはその場で固まった。

ライバル宣言

帰り道、サキナは様子がおかしいナユタに気づく。

「もしかして例の好きな人と何かあった?」

「い、い、いえ、いいんです…もうそのことは…」

ナユタは、大事な友人の為に自分の恋を諦めようとしていた。そんなナユタに対してサキナは、自分の姿が重なっているのを感じる。

「それなら…相手を振り向かせれば良いのよ!」

告白する勇気が無くても、アプローチすれば好意は伝わると言う。

相手もナユタに好意があれば、アプローチに応えるはずである。何よりサキナは、同じ悩みを持つ仲間が簡単に諦める姿を見たくなかった。

「…わかりました…サキナさん…」小春がどちらを選ぶか、ナユタはサキナと勝負すると告げる。

「ナユタ…あなたの好きな人って…」

「…は、はい…初野さん…です」

ナユタからライバル宣言され、サキナはうろたえるのだった。

29話へと続く

29話のネタバレはこちら

準備中

28話の感想・考察

エロい妄想の宝庫

親睦会ボーリングは楽しそうでしたね。ボーリングはシンプルなルールながら、奥の深いゲームと言えます。

今回のボーリングも、サキナにとってはエロ妄想の宝庫となります。ナユタという最高のネタ元を得たからには、H分補給に困ることは無くなっています。

さっそく、サキナの脳内ではエロいイメージが広がりました。

殆どビョーキ

サキナの妄想を、他の友人たちもサポートしました。まさか、自分たちの言葉が脳内変換されているとは、彼らは露も知らないわけです。

連次郎に至っては調教師役のエロオヤジになっており、知ったら驚くことでしょう。

そして、「アベレージ」を「アヘゲージ」と捉えるに至っては、殆どビョーキのレベルになっていますね。

皮肉な結果

サキナは、ナユタから恋を諦めると聞いて驚きました。彼女はナユタに自分の姿を重ねており、他人事とは思えなかったからです。

ナユタの恋を応援することで、自分の恋愛にも勇気を得ていた面があります。

ところが、皮肉なことにナユタの好きな相手が小春でした。そうなれば、パニックになるのも無理はありませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました