漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」15話のネタバレ考察と感想|サキナは飲み物の名前がエロく聞こえ…

ゾンビッチはビッチに含まれますか

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第15話のネタバレ解説。サキナは連次郎に誘われて喫茶店に入る。H分を補給していない彼女は、飲み物の名前が全てエロく聞こえてきて…

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第15話「ゾンビッチ、再び喫茶店へ行く。」のネタバレ

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」の概要

二階堂紗季菜は帝東亜高校の1年生で、幼馴染で同じ高校に通学する初野小春に片思いをしている。紗季菜は小春とエ◯チをしたかったが、そんなことは言えずにいた。ある日、紗季菜はトラックにはねられ轢死したが、停止していた心臓が再鼓動し、ゾンビとして生き返った。

前回 第14話のおさらい

・救出ミッション開始!
・ミッション難航
・小春のとった行動
・入間の改心

前回のネタバレはこちら

漫画「ゾンビッチはビッチに含まれますか」14話のネタバレ考察と感想|小春たちはサキナを助けられるか…!?
「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第14話のネタバレ解説。入間に車で連れ去られてしまうサキナ。小春たちは異変に気づき、必死でサキナを追いかけるが……!? この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話...

「ゾンビッチはビッチに含まれますか」本誌 第15話のネタバレ

心臓停止の危機

二階堂サキナは品行方正・成績優秀の高校生だが、少々変わった秘密を持っていた。

彼女はエロ本など読んで興奮し、H分を補給することで心臓を動かしていた。

定期的に興奮しないと心臓が止まり、身体が腐り出すというゾンビなビッチになってしまった。

その日、サキナは友人の乃神連次郎と共に下校する。連次郎は生徒会役員を務めており、サキナに雑務を手伝ってもらっていた。

「遅くまで悪かったな…礼として喫茶店あたりで一杯おごってやろう」

「…」サキナはフラ付きながらついていく。

彼女はH分を補給できておらず、このままでは心臓が持たなくなる。(お店のトイレで官能小説を読めれば…)

一方、連次郎はサキナの前で胸に違和感を覚えるようになり、その原因を突き留めたがっていた。

ショコラカフェラテ

喫茶店に入ると、連次郎は「ショコラカフェラテお願いしよう」と言う。

(横からフ〇ラでお願いしようですってー⁉)「なな何を注文してるのよー!」

心臓が極めて危険な状態のサキナは、防衛本能が働くことで、無意識に様々な事象にエロフィルターがかかる。

サキナが連次郎に抗議していると、見覚えのある店員が声をかける。彼はサキナの脳内では‟淫乱店員‟として記憶されていた。

但し、それは彼女の勘違いによるものである。店員はショコラカフェラテが人気メニューであり、安心して注文できると推奨した。

(ええー⁉横からフ〇ラが人気メニューですってー⁉)

「お前もコレにしたらどうだ?とろけるような味わいだぞ」連次郎も奨める。

「頼むわけないでしょー!」サキナは彼の頭を叩いた。

キャラメルラテ

店員はサキナがチョコ系が苦手だと知り、新メニューのキャラメルラテを提案する。

それは女性客から好評だと付け加えた。(絡めあう、裸で⁉)確かにそれなら、男女問わず好評のはずである。

但し、サキナは初めての相手は小春と決めており、見知らぬ男性と裸(ラ)で絡めあうのは気が引けた。

そこで彼女は店員に、絡めあう濃度を尋ねる。

「ご希望がありましたら濃いめ・薄めでもご用意できますよ」

サキナは最後(SEX)まで絡められるのを心配したが、軽めもあると聞いて安心する。

「おい二階堂!プラス50円で豆乳ラテに変更できるぞ!」連次郎はサキナの機嫌を取ろうとした。

(挿入裸で⁉)「好きでもないのにそこまでするワケないでしょーが!」連次郎は目を突かれそうになる。

下劣な勘違い

二人が席に着くと、程なく飲み物が運ばれてくる。

(飲み物?プレイに関係ないのに何故?…分かったわ)

サキナはその店が、表向きは飲み物を販売する「飲食店」で営業し、裏で「淫触店」として性的なサービスを提供していると思った。

(なんていかがわしい!…こんな店さっさとプレイを終わらせて出て行かなきゃ!)彼女はドリンクを一気飲みする。

連次郎は、サキナが自分と長居する気が無いと知り落ち込む。

そこに「お客さま、こちらでお片付けいたしますので、そのままで結構ですよ」と店員が来た。

(お股付けいたしますですってー⁉)サキナの脳裏には、店員が彼女の顔に股を押し付けるイメージが浮かんでいた。

それは俗にいう「おっぱいパブ」の女性向け版だったが、彼女は注文した覚えがない。

それでも(毒を喰らわば皿まで!)とサキナは覚悟を決め受け入れ態勢になる。

暫く経っても何も起こらないので、「来ないじゃない!」と彼女は立ち上がるのであった。

16話へと続く

16話のネタバレはこちら

準備中

15話の感想・考察

思わぬ展開

サキナは連次郎の雑務を手伝ったため、H分補給が出来ていません。このままでは、心臓停止の恐れがありました。

手伝いに夢中になったため、H分補給を忘れていたのでしょうね。但し、常備薬ならぬ常備エロ本は持っており、いざとなればトイレなどで興奮できるわけです。

今回はそれが喫茶店となっていますが、またもや思わぬ展開に発展しています。

横からフ〇ラで

サキナは心臓が危険な状態になると、防衛本能によってエロ妄想が炸裂します。それは命に関わることであり、理性では抑えられません。

その結果、常人では思いつかないような事象にエロフィルターがかかってしまうわけです。「ショコラカフェラテ」が「横からフ〇ラで」とは、相変わらずぶっ飛んでいますね。

それを薦めた連次郎は叩かれてしまい、可哀想でした。

何でもあり

サキナの興奮度は「キャラメルラテ(絡めあう裸で)」でさらに上昇し、「お片付けいたします(お股付けいたします)」で最高潮に達しました。

「お股付け」は一般用語ではありませんが、サキナにとっては何でもありなんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました