漫画「終末のワルキューレ」27話のネタバレ考察と感想|怒り狂う蛇神に立ち向かうアダムは…

終末のワルキューレ

「終末のワルキューレ」本誌 第27話のネタバレ解説。楽園追放を言い渡されたイヴ。その前に、夫のアダムが現れて共に外の世界に行くと告げました。すると蛇神が怒り狂いました…。

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第27話「楽園追放(3)」のネタバレ

「終末のワルキューレ」の概要

人類の誕生から700万年。万物の創造主である神々によって1000年に1度開かれていた「人類存亡会議」にて、進歩の兆しがない人類を見限った神々は人類に「終末」を与える決議を行った。かくして、天界が誇る最強神たちと、秘術「神器錬成」によって神器と化した戦乙女たちと共に戦う最強の人類「神殺しの13人」(エインヘリャル)による、13番勝負の幕が上がる。

前回 第26話のおさらい

・イヴ、蛇神に濡れ衣を着せられる
・泣き崩れるイヴの前に現れる者
・アダム、善悪の実を全て平らげる
・蛇神は、アダムの前に立ちはだかる

前回のネタバレはこちら

漫画「終末のワルキューレ」26話のネタバレ考察と感想|天界追放が決まったイヴの前にアダムが…
「終末のワルキューレ」本誌 第26話のネタバレ解説。天界裁判所で、イヴが善悪の実を食べたと楽園審判の追放が下される。悲しみ崩れるイヴ。するとそこにアダムが乱入してくる… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニ...

「終末のワルキューレ」本誌 第27話のネタバレ

アダム、神虚視を使う

アダムとイヴは、共に楽園を出て外の世界に行く決意をし法廷を出ようとしました。その光景を見て蛇神は怒りました。

ここまで自分や周りの神々を冒涜して幸せを掴むのは許せないと蛇神は近づきました。イヴは、怯えてアダムの背中に隠れました。

アダムは、突然、楽園に居た小鳥達から聞いたと話し始めました。

蛇神がイヴを泣かしたと聞いたと真顔で答えるアダム。

蛇神は、アダムに向け鋭い爪を突き出しました。

夫婦仲良く、細かくコマ切れに斬り裂いて殺すと更に激怒した蛇神。

するとアダムは、蛇神を見て呟きました。アダムは、目を輝かせて神虚視と呟きました。

その瞬間、攻撃してくる蛇神の真似をアダムはしました。

アダムは、蛇神の体を通り過ぎました。

両手が巨大化し、蛇神の様な鋭い爪に変化していました。

蛇神は、驚きアダムの方へ振り向きました。

すると蛇神の体から血が噴き出しました。

細切れに身体を引き裂かれて床に倒れる蛇神。

アダムは、蛇神を見てもう悪さはできないと冷たい眼差しで見続けていました。

その様子を見て言葉を失う神々達

イヴは、自分の為に楽園を出ることになり悪かったと謝りました。

するとアダムは、イヴに手を差し出しました。

これからは、自分達の為に2人で新しい楽園を作ろうと手を握りました。

こうして、アダムは、イヴと一緒に地上へと去っていったのでした。

立ち上がるゼウス

闘技場では、アダムがゼウスを倒していました。

アダムの勝利を確信し喜ぶイヴとその家族達。

全くゼウスは動きませんでした。

闘技場は、アダムが楽園追放の憎しみを100倍に返したと興奮の渦に巻き込まれていました。

アダムの活躍を遠くから見ていたブリュンヒルデは、笑うのを堪えていました。

2回戦の白星は確実だ。

ゼウスが登場してきた時は少し焦ったがいい結果を出せた。

神々の中で1番厄介な相手を倒せたと喜んでいました。

審判のヘイルダムは、2回戦は人類代表のアダムが勝利と宣言しようとしました。

すると突然、ヘイルダムの顔が掴まれました。

異変に気づくアダムとブリュンヒルデ。

するとゼウスが、ヘイルダムの顔を掴んでいました。

ゼウスは、まだだと言いねじり曲がった自分の首を力で元に戻しました。

観客席で見ていたアキレスは、ゼウスの復活を信じていたと高笑いしていました。

しかし、ヘルメスの見解は違いました。

アダムから受けたダメージは、ゼウスにとても効いていると分析していました。

ゼウスは、荒い息をして血を流していました。

アダムの戦う理由

アダムは、ゼウスに無理するなと言いました。

ゼウスは、アダムが軽口を叩く程の強い実力があると理解したと言いました。

そして、ゼウスは、アダムに1つ教えてほしいと質問をしました。

アダムの目には、神々に対しての憎しみの炎が全く感じられない。

何故、今回の人類と神々の争いに出てきたのかと聞いてきました。

すると溜息を吐くアダム。

アダムは、誰もが自分が神々に対し憎しみと復讐を持っているというが違うと否定しました。

更に自分が戦う理由は、愛する子供達を守る為である。理由等特に要らないと真顔で答えるアダムでした。

28話へと続く

28話のネタバレはこちら

準備中

27話の感想・考察

アダムの強烈な能力、神虚視は強大?

楽園を去ろうとするアダムとイヴの前に蛇神が立ち塞がります。鋭い爪で細切れに引き裂き2人を殺そうとします。

アダムは、神虚視の力を使い、蛇神と同じような鋭い爪に変化させて逆に斬り裂きます。ここ今回の見せ場で必ず見て欲しいです。

相手の力を真似て、それを使い相手に倍返しのカウンター攻撃をしたアダム。相手にとっては屈辱で、驚異的な力です。

代わりに、華奢な体のアダムにとってその後遺症の反動として大ダメージが来そうな予感がします。

ゼウスは、やはり強い?

アダムの神虚視の力を使われて、殴られて首を捻じられゼウスは倒れます。

ブリュンヒルデも厄介な相手が潰せて幸運だと笑いを堪える姿が凶悪に見えます。

ヘイルダムも立ち上がらないゼウスを見て、アダムの勝利宣言をしようとしますが、自分の力で首を元に戻し立ち上がるゼウス。

やはり只では倒れない。神々の代表として強大な強さを持っていそうです。

手強いです。

アダムの戦う理由はシンプル?

ゼウスは、アダムの力を認めます。

しかし、ゼウスは、アダムに復讐や憎しみと言った感情が全く見られないと不思議がります。

するとアダムは、問いに答えます。

それは、家族を守る為で理由はないと告げるアダム。飄々と語りながらも重く強い信念を感じます。

これからのアダムとゼウスの戦いの行方が気になり仕方ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました