漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」65話のネタバレ考察・感想|二葉が帰宅し、冥界攻略が間近に迫り…

戦×恋 ヴァルラヴ

「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第65話のネタバレ解説。二葉が帰宅し、冥界攻略が間近に迫る。二葉の発案で、出発前の家の大掃除が決まる。買い物帰り拓真は二葉に攻略後の事を告げる。

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第65話「乙女の予感」のネタバレ

「 戦×恋 ヴァルラヴ」の概要

顔が怖すぎて周囲から怯えられ、自らも人を遠ざけるようになってしまった高校生・亜久津拓真。
ある時、一人の少女を助けたのをきっかけに、9人の少女とルームシェアをしながら世界を救う戦いへと身を投じることになり――!?イチャイチャしないと生き残れない!?

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回 第64話のおさらい

・天狼騎士団の襲撃
・フェンリルの目論見
・歯噛みするフレイ
・フェンリルの覚悟

前回のネタバレはこちら

漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」64話のネタバレ考察・感想|フェンリルは、主神を討ち取ろうとして…
「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第64話のネタバレ解説。戦士の館が邪神派に襲撃され、主神派の兵士が押しつぶされていく。天狼騎士団の長フェンリルは、オーディンを討ち取ろうとして… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あな...

「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第65話のネタバレ

二葉の帰宅

拓真は安定して”冥界への扉”を開けるようになり、九姉妹から褒められていた。

但し、彼はかなりの体力を消耗している。

「どうだ三沙」一千花が”扉”の奥の様子を尋ねた。

そこには禍々しいエーテルが立ち込めており、その先は間違いなく冥界だと三沙は答える。

そこで一千花は、九姉妹と拓真に向かって呼び掛けた。

「二葉が戻り次第冥界へ行き、最深部の”棘”を抜き世界を救うぞ!」

それから程なくして、二葉が亜久津家に戻ってくる。

九姉妹がそれぞれ出迎えたあと、三沙が二葉の活躍ぶりを称えた。

二葉はニコやかに応えながら、台所の惨状の理由を求める。

九姉妹は二葉の代わりに家事を皆で分担したが、9人とスレイプニルの分を用意するのは大変であった。

「私もがんばったのだ!」一千花が一際大きな声を上げる。

彼女は妹が幸せになる風水を参考に、家具の配置を色々変えたと言う。

そして、一千花の説教行きが決まった。

四乃の予感

「冥界攻略はいつか決まった?」

「はい3日後を予定してます」

すると二葉は立ち上がり、「いよいよこの時が来たわね」と話す。

人間界では”立つ鳥跡を濁さず”と言われており、最後に家を綺麗にしなければならない。

二葉は愛用のエプロンを絞めると、大掃除の号令を出した。

一方、四乃の部屋では七樹が事情を話している。

四乃は3日後の冥界出発を聞き、自分も加わろうとした。

しかし、彼女の身体は限界になっており、七樹は何とか思い止まらせる。

四乃はひび割れた手を見て、「嫌な予感がするのです・・・すごく嫌な予感が」と告げた。

告白への礼儀

その頃、二葉と拓真は買い物を終えて帰宅の途についていた。

拓真は一千花の修行のお陰で体力がついており、重い荷物も難なく運んでいる。

二葉は彼の逞しさに感心しながら、冥界攻略中の学校対策について訪ねた。

拓真の学校は期末試験が終わっており、彼自身は出席日数も足りていた。

それゆえ、学校に行かなくても問題ないと言う。

七樹たちは五夜の説得もあり、公欠を取得できていた。

「来年は高校三年生・・・大学受験でしょ?」二葉は心配する。

拓真は良い大学に入って良い会社に就職するという、子供の頃からの夢は捨てていない。

しかし、それ以上に皆と笑って明日を迎えることが大事だと応えた。

加えて、彼はホワイトデーのことを考えていた。

拓真はその時に、特別なプレゼントを一人だけに渡すつもりである。

それが、自分に告白してくれた人すべてに対する礼儀と考えていた。

謎の訪問

「それにしても、主神派の中に裏切者か・・・」一千花は三沙に意見を求める。

三沙は、邪神派のウルが言った言葉を思い出した。

彼は亜久津家襲撃の後、たった一人で九姉妹を訪ねてきている。

ウルは「黒猫旅団」服団長の身分を明かした上で、主神派が何故人間界を滅ぼそうするのか尋ねた。

「アタシ達が人間界を滅ぼす!?なに言ってんだ!?」

人間界の魂を手中に収めようとしたのは邪神派である。

「それは主神派が先に人間界を侵攻しようとしたからです」

その情報が邪神派に伝わり、ウルらは公爵の指示で後追いすることになったと話した。

三沙は、ウルが嘘をついているとは思えず、頭が混乱した。

「裏切り者が何を仕掛けようが関係ない」場面は現在に戻る。

「冥界に行き世界樹を救う!そうすれば万事解決だ!」一千花は三沙に念を押すのであった。

66話へと続く

66話のネタバレはこちら

漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」66話のネタバレ考察・感想|二葉は世界樹の涙で拓真の腕を送り出し…
「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第66話のネタバレ解説。拓真の腕を切り取った二葉は、ロキに連絡を入れて指示を仰ぐ。彼女は奪った”世界樹の涙”に”腕”を包ませ、空高く送り出す… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなた...

65話の感想・考察

冥界攻略の始まり

拓真は”冥界への扉”を安定して開けるようになりました。その背景には、並々ならぬ修行や努力があったのでしょうね。それを可能にしたのは、世界を救いたいという熱い想いなのでしょう。”扉”の奥には禍々しいエーテルが立ち込めており、その先に冥界があるのは間違いなさそうです。いよいよ、冥界攻略が始まりますね。

二葉の強さの秘訣

無事二葉が帰宅し、彼女は冥界出発の準備にかかります。先ず行うのが亜久津家の大掃除なんて、最後まで律儀ですね。細部にまで注意を払えるのが、二葉の強さの秘訣なのかもしれません。一方、姉の一千花はとことん的外れなことをしていますね。あそこまで常人離れしていると、笑うしかありませんね。

冥界攻略に伴う懸念

それにしても、ウルの訪問は謎が多いと言えます。彼の証言が本当であれば、七樹が地上で初めて戦った魔物は何だったのでしょう。三沙たちが混乱するのも無理もありません。何より、主神派の裏切り者が誰なのかが気になります。こうなると、冥界攻略も無事に済むか分かりませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました