漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」57話のネタバレ考察・感想|六海は新奈に「行動あるのみ」と言われ…

戦×恋 ヴァルラヴ

「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第57話のネタバレ解説。戦恋”添い寝”のトップになった六海は、握手会が終わってから新奈に恋愛相談する。そこで彼女は「行動あるのみ」と教えられ…

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第57話「添い寝する乙女」のネタバレ

「 戦×恋 ヴァルラヴ」の概要

顔が怖すぎて周囲から怯えられ、自らも人を遠ざけるようになってしまった高校生・亜久津拓真。
ある時、一人の少女を助けたのをきっかけに、9人の少女とルームシェアをしながら世界を救う戦いへと身を投じることになり――!?イチャイチャしないと生き残れない!?

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回 第56話のおさらい

・それぞれの回復
・ロキのちょっかい
・ロキ殺害のチャンス
・ロキの意図

前回のネタバレはこちら

漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」56話のネタバレ考察・感想|拓真と一千花は、ロキに散々振り回され…
「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第56話のネタバレ解説。意識が戻った四乃は、七樹からエーテルを補強される。ロキのちょっかいを受けた拓真と一千花は、ロキに散々振り回されてしまい… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたが...

「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第57話のネタバレ

レッツゴー・ガールズ握手会

レッツゴー・ガールズの結成握手会が開催されている。六海と新奈は、訪れるファンと次々に握手を交わしていった。

「どうだった?MUTSUMIちゃんの手!」「めちゃぷにぷにしてたぜ…!」「ニイナちゃんの手も引き締まって細くて…」ファンたちは感想を述べ合う。

握手会が終わり、六海たちは控室に向かった。途中、六海は昨日告げられた邪神ロキの話を想い出す。

戦恋‟添い寝‟

ロキは拓真に興味があり、人間界に来たと言う。

「しばらく人間界に居座るらしいです…」

「興味って…大丈夫でしたか拓真さん?」五夜は心配した。

「え…と、自分というよりかは…」拓真は一千花の方をチラ見する。

「次会ったら殺す!」一千花は槍を構えていきり立った。

ともあれ、感情に任せてロキを殺さなかったのは適切な判断だとオーディンは評価する。主神派の目的は邪神派撃破ではなく「冥界攻略」であった。

うかつにロキを殺害すれば、手下たちが暴走するリスクがある。現在の綱渡り状況下では、余計な要素を持ち込まないのが賢明であった。

そもそもロキは、殺したところで簡単に死ぬような相手ではない。

「フッハー!まあ邪神対策はおいおい考えるとしてっ」グリンカムビが割り込んだ。

「明日より恋人様が毎夜九姉妹の部屋を訪れ、交代で‟添い寝‟をしていただきます!」

記念すべき初回は、厳正な吟味の結果、六海になった。

新奈のアドバイス

場面は現在に戻り、六海が控室で着替えている。

(拓真くんと添い寝だなんて…今からドキドキが止まらないよ~)

そこに新奈から「六海?どうしたっすかボーっとして」と声を掛けられる。

六海は「なんでもない」と言った後、新奈に恋愛相談を持ち掛けた。

新奈は「行動あるのみ」と応え、ひと泳ぎして帰ると告げる。

六海が帰宅すると、七樹と拓真が‟冥界への扉‟を開く特訓をしていた。能力の引き上げには、戦闘訓練が一番であった。

六海は、自分の能力が「翼」であり、空を飛ぶことしかできないもどかしさを感じる。

大した戦闘力もなく、修行の相手も務まらなかった。彼女は、他の姉妹が拓真の力になれるのを羨ましく思った。

夕食の賑やかな食卓で、六海は毎日遅くまで修行する拓真の凄さを実感する。

六海の決意

添い寝まであと1時間となり、六海は鼓動が速まるのを感じた。但し、心の準備が出来ておらず、彼女は焦りを感じていた。

その時新奈の言葉を想い出し、六海は拓真とちゃんとしたキスをしようと決める。それまでの彼とのキスは、変なものばかりだったからだ。

そこにグリンカムビが現れ、六海にエールを送る。グリンカムビは彼女に、五夜がクリスマスの夜に拓真に告白したことを告げた。

「夜とはカップルの絆を強くする時間帯…今宵の御活躍期待しておりますよ」彼は六海に、プレゼントの紙袋を渡して立ち去る。

その後、六海は八雲に声を掛けられ、怪しい薬が入った水を飲まされた。時間になり、拓真が六海の部屋を訪れる。

「あれ、たくまくん?」六海は寝ぼけ眼で起き上がった。

「あ、すみません、もう寝てらっしゃいましたか?」

六海は拓真の顔をじっと見ながら「なんで私の部屋にいるのー?」と尋ねる。

彼が添い寝しに来たと答えると、「…そっか…どうぞ」と言って布団を持ち上げるのだった。

58話へと続く

58話のネタバレはこちら

漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」58話のネタバレ考察・感想|"添い寝"で六海は拓真に本心を打ち明け…
「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第58話のネタバレ解説。戦恋"添い寝"において、六海は拓真を積極的に攻める。彼女はグリンカムビのドジで正気に戻り、拓真に本心を打ち明ける… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ...

57話の感想・考察

六海の気がかり

レッツゴー・ガールズの握手会が、盛況の内に終わりました。本来であれば満足感に浸れるはずですが、六海には気がかりなことがあります。

一つは邪神ロキが人間界に来ていることで、もう一つは自分が‟添い寝‟相手のトップに選ばれたことです。

彼女自身は、何故トップに選ばれたのか分かりません。グリンカムビとしては、何か理由があるのでしょうね。

賢明な判断

‟添い寝‟は、戦恋を加速させるには最適なものと言えます。五夜の例が示すように、男女の仲は夜に深まるからです。

その意味で、これまでの戦恋は‟添い寝‟のための準備運動だったのでしょうね。残された時間も少なくなっており、一人と一回添い寝しても9日間を要します。

それ故、このタイミングでグリンカムビが‟添い寝‟を打ち出したのは、賢明な判断と言えますね。

六海の引け目

一方、六海は責任の重さを痛感していました。彼女には飛ぶ能力しかなく、戦闘力も低いままです。

これでは、拓真の修行の相手が務まりません。とは言え、六海は立派に亜久津家の家計を支えており、引け目を感じる必要はないでしょう。

それでも、彼女は戦乙女として直接役立ちたいのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました