漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」39話のネタバレ考察・感想|拓真は、五夜の誘惑に必死に耐えるのだが…

戦×恋 ヴァルラヴ

「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第39話のネタバレ解説。五夜は、クリスマスプレゼントに自分を拓真に差し出す。拓真は興奮しつつも、何とか自分を保とうとする。

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第39話「贈る乙女」のネタバレ

「 戦×恋 ヴァルラヴ」の概要

顔が怖すぎて周囲から怯えられ、自らも人を遠ざけるようになってしまった高校生・亜久津拓真。
ある時、一人の少女を助けたのをきっかけに、9人の少女とルームシェアをしながら世界を救う戦いへと身を投じることになり――!?イチャイチャしないと生き残れない!?

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回 第38話のおさらい

・拓真の決意
・暴徒との対峙
・反撃しない理由
・クリスマスの意味

前回のネタバレはこちら

漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」38話のネタバレ考察・感想|暴徒と対峙した拓真は一方的な攻撃を受ける
「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第38話のネタバレ解説。拓真は自主性を取り戻すために、九姉妹にプレゼントを贈ることにした。途中、暴徒と対峙するが、能力を使うのを忘れてしまい… この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがア...

「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第39話のネタバレ

泡沫の恋心

五代は父親が大好きだった。父親・オーディンは強く気高く荘厳な主神であり、彼女の愛する唯一の男性である。

それは、泡沫の恋心であった。サンタ姿の五代が、拓真の上に跨っている。

「だ…抱いて下さいって、どういう意味でしょうか?会長」

「もう…拓真さんったら、それを私の口から言わせるつもりですか?」

五代は、戦女神との戦いで三沙が大怪我を負ったのを気に病んでいた。

それを自分の力不足のせいにしており、現状は七樹のレベルにも遠く及んでいない。そもそも彼女は、拓真との距離が一向に縮まっていないことに焦っていた。

事実、いまだ名前ではく「会長」と呼ばれていた。そこで五代は、クリスマスに自分をプレゼントし、一気にレベルアップを図るつもりである。

五夜の攻め

そのために彼女は、グリンカムビからいかがわしい本を借りて予習までしていた。

「拓真さんったら、緊張して…かわいい♪」五代は彼の手を自分の胸に押し当てる。

「サンタさんからのプレゼントですわ…どうぞ私の身体をお召し上がり下さいまし♪」

続いて、彼女は拓真の首筋に唇を当て、じっくりと舌を這わせていった。その献身的な姿に、彼の興奮度が急上昇する。

「下半身もきれいきれいにしてあげますわね♪」五代が向きを変えると、パンティーが丸見えとなる。

彼女は拓真の下半身を舐めながら、ここまでの展開が完璧だと自負する。

これだけ艶めかしい姿を見せれば、奥手の拓真も興奮しているはずである。

拓真の反応

「…会長!やめましょう、こんなこと、もう夜も遅いですし!」五代はムカつきながらも、服を脱ぎ始めた。

「拓真さんの、ここにほしいな…?」仰向けになった五代は、下半身を露にした。

拓真の大きな鼓動音が聞こえ、彼女はクリティカルヒットを確信する。

彼が食い入るように見つめているのが分かり、五代は受け入れ態勢を整える。

「か…会長…風邪ひくので服着た方がいいですよ…?」さすがに彼女はキレてしまい、「私のことが嫌いですの⁉」と訴えた。

「いえ、前に言ったように自分は、みんなが会長のことが好きです」但し、拓真は五夜には別に好きな人がいると思っていた。

それは、さっきから彼女が辛そうな顔をしていたからだ。

五夜の鼓動が激しくなる。子供の頃の彼女は内気で、何をするにもびくびくしていた。

その中では、家族だけが世界のすべてだった。

「だからこそ、お父様がまぶしく見えた」だからこそ、彼女は父親が好きになったと言う。

五夜の本心

「でも今は、拓真さんのことが好きです」

「かっかか会長、冗談はやめて・・・」拓真は五夜の言葉が信じられなかった。

しかし、五夜は冗談ではすまないくらい、彼のことが好きになっていた。

拓真はみんなの命を何度も救っており、その姿が彼女の胸に響いたと言う。

「・・・好きになる理由はそれではいけませんか?」

五代が辛そうに見えたのは、自責の念が表に出たためである。最愛の父親がいながら、拓真に惹かれる自分に気づいたからだ。

五夜は改めて拓真に、抱いてくれるように頼むのであった。

40話へと続く

40話のネタバレはこちら

漫画「戦×恋 ヴァルラヴ」40話のネタバレ考察・感想|戦恋「恋人と耳かき」での拓真の超絶技巧
「戦×恋 ヴァルラヴ」本誌 第40話のネタバレ解説。新たなる悪魔との戦いを前に、七樹は戦恋「恋人と耳かき」を受ける。拓真の超絶テクニックに、彼女は悶絶寸前になり この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話...

39話の感想・考察

五夜の生き甲斐

思春期の女子にとって、カッコイイ父親に憧れるのはありがちなことです。五夜の場合は、父親が主神であり、神界の最高実力者です。

それ故、人一倍思い入れが強くなるのも当然ですね。また、引っ込み思案の性格のため、家族が世界の全てでした。

父親に認められることだけが生き甲斐だったわけです。

主神の血

五夜は、自分の戦闘レベルが低いことに劣等感を感じています。人一倍責任感の強い彼女は、姉妹を守れなかったのは自分のせいだと思っていました。

そこには、やはり主神オーディンの血が流れていますね。主神というものは、人類を救うためにどんな犠牲も厭わないからです。

五夜も、姉妹のためなら命を投げ出す覚悟があるのでしょう。

拓真の忍耐

それにしても、美味しそうなご馳走を目の前にしても、拓真は我慢強かったですね。

そもそも今は「戦恋」の只中であり、五夜のアプローチもその一環と思ったのかもしれませんね。

それでも、並みの男であれば誘惑に負けていたでしょう。もっとも、負けても全く問題ないのですが・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました