漫画「ヴァルラヴ」35話のネタバレ考察|主神オーディンと邪神ロキの会談の行方は…

戦×恋 ヴァルラヴ

「ヴァルラヴ」本誌 第35話のネタバレ解説。主神オーディンらが邪神ロキと会談する。ロキは戦争終結を拒否した上、主神派の皆殺しを宣言する。

この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注意ください。

本誌 第35話「対峙する神々」のネタバレ

「ヴァルラヴ」の概要

顔が怖すぎて周囲から怯えられ、自らも人を遠ざけるようになってしまった高校生・亜久津拓真。
ある時、一人の少女を助けたのをきっかけに、9人の少女とルームシェアをしながら世界を救う戦いへと身を投じることになり――!?イチャイチャしないと生き残れない!?

【最新話あり】全話ネタバレまとめ

前回 第34話のおさらい

・四乃との戦恋
・全裸で添い寝
・拓真の「剣」
・グリンカムビの思惑

前回のネタバレはこちら

漫画「ヴァルラヴ」34話のネタバレ考察|「全裸で添い寝」で興奮マックスになる拓真
「ヴァルラヴ」本誌 第34話のネタバレ解説。拓真は四乃との戦恋に入る。二人は「全裸で添い寝」することになり、拓真の興奮が最高潮に達する。 この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観てない場合はご注...

「ヴァルラヴ」本誌 第35話のネタバレ

呑気な主神

「守備は展開できましたか⁉」「はいシヴ様」

場面は神界(アースガルズ)の戦士の館(ヴァルハラ)である。

ヤドリギの枝が奪われてしまった今、邪神派がいつ攻めてくるか分からない状態である。

シヴは第三層まで防壁を強化するよう部下に言った。「オーディン様!今よろしいですか」彼女は主神の部屋を訪れた。

オーディンは彼女に、グルヒルテが送ってきた写真を見せる。

「おや九姉妹様ではありませんか、相変わらず皆さんお美しい」

「人間界でも元気にやってるみたいで、一安心だよ」主神がのろける。

「じゃなくて!この緊急事態にいつまでほへーな姿でいるのですか!」オーディンはシヴに、邪神ロキが会談を申し込んできたと告げる。

ロキとの会談

そこで、二人は通信宝樹「ヘイズレーン」にやってきた。

宝樹が展開される中、シヴは辺りを見回す。「ところで先輩の姿が見えませんが…」

「グリンカムビなら人間界に旅行中だよ~」「この忙しい時にあの人は…!」シヴに怒りが湧く。

ヘイズレーンが起動し、全裸のロキが画面に現れた。「あらんオーディンちゃん♡」彼女は我慢するつもりだったが、オーディンが来るのが遅いので‟強い‟と戯れていた。

「何をしているのですかロキ様!今は公式の場ですよ⁉」シヴが窘める。

ロキはシヴを「堅物」と評し、貧相な考えが身体にも現れるとディスった。

「ロキ…戦争とかもうやめない?」オーディンが提案する。

長引く戦争に邪神派が疲弊してるのを彼は知っていた。

その上、双方の世界で大規模な気候変動や魂を蝕む奇矯病も発生していた。

事実、ロキは奇矯病には手を焼いていると言う。「うんってことはつまり…」オーディンとシヴが身を乗り出す。

「もっと大きな戦争を起こした方が面白いわよねん♡」

ロキが好きなもの

その時、宝樹に亀裂が発生し、エーテルが逆流しはじめた。

それが禍々しいエーテルとなり、オーディンに襲い掛かる。

但し、オーディンの周りにはバリアが張られており、彼もシヴも無事だった。

「フフフ…さすがオーディンちゃん♡…わらわは‟強い‟が好き」また、ロキは‟弱い‟が‟強い‟に蹂躙されるのも好きだと言う。

「この世におけるありとあらゆる強者凌辱が大好き♡」として、彼女は自分の身体をまさぐった。

今回、ロキが会談を申し込んだのは、戦乙女九姉妹について尋ねるためだ。

手塩にかけて育てた愛嬢を人間に当てがったことを、彼女は理解できなかった。オーディンは、ロキたちに対抗するために、娘を育てる必要が出てきたと応えた。

しかしロキは、オーディンが娘を使って人間を育てようとしているのを分かっていた。

ロキは、強いオーディンがわざわざ人間を選び、神界の秘宝まで託した相手に興味があった。

ロキの宣言

「今、わらわの手元にはヤドリギの枝がある」その枝が芽吹くの108日後には、ロキは主神派を皆殺しにすると宣言した。

通信が途絶えた後、ロキはウルに娘スクルドの様子を尋ねる。

スクルドは身体が癒えていたが、恋人のレスクヴァは今夜が峠だった。

36話へと続く

36話のネタバレはこちら

漫画「ヴァルラヴ」36話のネタバレ考察|拓真は七樹との戦恋に必死になるのだが…
「ヴァルラヴ」本誌 第36話のネタバレ解説。拓真は四乃との戦恋の後、七樹の戦恋の相手を勤める。彼は「恋人」として必死に七樹を気持ちよくさせようとする。 この記事では、重要なネタバレが含まれる可能性があります。あなたがアニメ最新話をまだ観て...

35話の感想・考察

シヴの緊張感

ヤドリギの枝が邪神派に奪われ、神界(アースガルズ)は緊張状態にあります。それは、邪神派がいつ来てもおかしくないからです。

守りの要たるシヴは、部下に的確に指示を出していましたね。参謀が優秀であれば、戦いには有利になります。

強さの現れ

一方、主神オーディンはかなり呑気に構えています。送られてきた娘らの写真にメロメロです。

主神と言えども、親バカには変わりがありませんね。シヴがイラっとするのももっともです。

とはいえ、そんな呑気なところは、主神の強さの現れなのかもしれません。

強さに自信があるから、如何なる事態にも動じないのでしょう。

邪神たる理由

そんなオーディンの強さに、ロキは惚れていたと言えます。

主神の強さに比べれば、周囲の主神派は弱弱しく見えたようです。ロキは、弱弱しい者たちを見ると潰したくなります。

彼女が愛するのは‟強い者‟で、憎むのは‟弱い者‟です。それが邪神たる理由なのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました